【404 not found】エラーページのキャッシュを有効化するコード

茶色い木のテーブルの上にミニトマトが置かれている。白いテキストで「404 Page not found」と書かれている

404 エラーは、該当ページ等をサーバーが見つけられなかったときに返す HTTP ステータスコードの一つとして知られています。

  • URL のスペル打ち間違い
  • ページが削除されている

などといった原因によって、存在しないページにアクセスすると 404 エラーが発生し、サイトには 404 エラーページが表示されることになります。

そして WordPress ではデフォルトで 404 ページがキャッシュされない仕様になっています。

下のコードを貼り付けることによって 404 ページがキャッシュされるようになり、サイトの利便性がほんのちょっとだけ高まるかも知れません。

WordPress のバージョンは 4.9.8 で問題なく使用できました。
コードは functions.php に貼り付けて使用します。

//404ページのキャッシュ有効化
function remove_nocache_on_404(){
    if(is_404()){
        header_remove("Pragma");
        header_remove("Cache-Control");
        header_remove("Expires");
    }
}
add_action('wp','remove_nocache_on_404');

参照 NginxとWordpressの404ページがproxy cacheできない – Qiita

若干拙いのですけれど…冒頭の 404 トマトの PNG は私が作成させていただいたデザインで、エラーページの中で実際に使っているものです。

もし必要でしたらご自由に収穫していってください。
冷やして食べると美味しいかもしれません。

スポンサーリンク