禁煙・タバコ代の節約に!おすすめの激安タバコ「FORTE」とは

お金とタバコ
2017年10月2日に電子タバコの「glo(グロー)」が全国販売を開始しました。

電子タバコの人気が衰えない昨今ですが、火をつけるタイプのタバコにも、まさに価格の革命とも言える激安タバコが存在するのをご存知でしょうか。
それが「FORTE」という名のたばこです。

2017年10月現在の価格はなんと250円です。

スポンサーリンク

FORTE

並べられたフォルテ
フォルテはインドネシア産のたばこです。
何と言っても魅力はその価格の安さにあります。

1箱20本入り420円のたばこを、1日1箱を目安に約1ヶ月吸い続けたとすると、
420円×30日=12,600円です。

これを全てフォルテに切り替えることが出来たなら、
250円×30日=7,500円となり、その差は5,100円です。

1年で60,000円以上も節約出来る計算になります。

安さの秘密

フォルテはリトル・シガーという葉巻たばこに分類されます。
葉巻たばこは一般的な紙巻たばことは税金の算出方法が異なります。

一般的な日本の紙巻たばこに課税される税金は、大まかに1本1グラムで計算し、1箱の本数によってその税額が決まります。

対して葉巻たばこは、使用されているたばこの葉の実重量によってその税額を計算します。

1本のたばこに使用されているたばこの葉が0.5グラムで、1箱20本入りの時、紙巻たばこは1グラム×20本=20グラムとして税金の計算がされますが、葉巻タバコは0.5グラム×20本=10グラム分の課税で済みます。

1本1グラムの紙巻たばこに換算すると、税額は紙巻たばこより10本分安い計算になります。
これが、安さの秘密です。

箱にタールとニコチンの表記が無いけど?

フォルテ ライト

  • FORTEオリジナルはタール14mg、ニコチン1.2mg
  • ライトはタール10mg、ニコチン0.9mg
  • メンソールはタール10mg、ニコチン0.9mg

です。

味・香りは?

フォルテはノンフレーバーですので、余計な味付けはありません。(メンソールは除く)
通常の紙巻たばこと比べると、出る煙やヤニっぽさ・香りは少なく感じます。

その細さと小ささからか、火をつけてから吸い終わるまでの時間が非常に短いので、物足りなさを感じる人は多いようです。

葉巻といえば通常、肺に煙を通さず、口の中で煙を楽しむものですが、このフォルテは通常の紙巻タバコと吸い方は同じです。

美味しく吸う秘訣は、ゆっくり時間をかけて一口一口を丁寧に楽しむこと。

禁煙を目指している方や、少しでもたばこ代を節約しようと思っている方へ、とてもおすすめできるたばこです。

販売店・購入方法は?

街中にあるような小型のたばこ専門店、もしくはネットなどで購入できます。
コンビニで購入するならデイリーヤマザキやミニストップ、北海道だとセイコーマート。

セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートあたりだと現在はまったくと言っていいほど置かれていません。

吸いすぎ注意

我が家は二人暮らしで、両方ともたばこを吸ってます。
二人とも今までのたばこから、このフォルテに切り替えました。

普通の紙巻たばこを1日1箱吸う感覚でフォルテを吸うと、すぐ無くなってしまいます…
割安にするには、多少の我慢と努力が必要になってきますよ。

ご覧頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

フォローする