知っておきたい暮らしの情報【消費者センターとは?】

私たちは人間である以上必ず消費し、日々暮らしています。

身近にある消費者の味方、消費者センターの存在を知っていますか?

スポンサーリンク

消費者センターとは

バスケットの上にひまわりを入れた容器が置かれている

消費生活センターとも呼ばれます。
呼び名については各自治体によってさまざまです。
消費者の安全・安心を確保するために設置された行政の機関になります。

全国に700ヶ所以上の消費生活センターが存在します。
その窓口はほとんどの市区町村に設置されています。
参考消費者ホットライン

消費生活

消費生活(しょうひせいかつ)とは経済学用語の一つ。人間が生活を行っていく中で、商品を購入してそれを消費するという部分のことをいう。
引用消費生活『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』
最終更新 2015年11月1日 (日) 11:35 URL:http://ja.wikipedia.org

消費者とは個人を指しています。
身近な日用品はもちろん、不動産契約、建物内に設置されたエレベーターなど、事業者が提供するありとあらゆる物が商品に当てはまります。

消費者センターの取り組み

消費生活相談

衣・食・住など消費生活全般に関する商品・サービスへの苦情や相談について、問題解決のお手伝いをしています。

情報提供・啓発活動

消費者被害の未然防止のため、あるいは暮らしに役立つための情報を、各種パンフレットや資料等を通じて提供しています。
また、多くの消費生活センターは専用のホームページを持っています。

このほか、暮らしのなかで知っておきたい苦情相談の事例や身の回りの事柄など、それらをテーマとした講座の開催などの啓発活動も行っています。

その他

日常使っている生活用品や食品の品質・性能について、商品テストを行うセンターも一部にあります。

引用国民生活センターホームページ「消費生活センターとは?」

アクセス

消費者庁では3桁の電話番号「188(いやや!)」番を設けています。
この電話番号に掛けることによって、お住まいの地域にある地方公共団体が設置している消費生活相談窓口を案内して頂けます。

20秒ごとにおよそ10円の通話料金がかかります。

または各地方自治体の消費生活相談電話窓口としてホームページまたは電話番号が設けられております。
直接お問い合わせしましょう。

相談の事例

出典熊本地震で転倒し、壊れてしまった自然冷媒ヒートポンプ給湯器

出典銀行で不適切な勧誘を受けて契約した変額個人年金保険

その他、食品・遊具での事故など、消費に関連するありとあらゆる相談が挙げられます。

相談する際の注意点

お悩み相談所ではありません。
やはり消費に関する被害や相談を受け付けるための窓口です。
その点は配慮するようにしましょう。
なお行政サービスですので、相談は無料です。

おわりに

家族がリビングでくつろいでいる

毎日を過ごして行く中で、消費者センターの存在は必要不可欠なものです。

悩みを一人で抱えることの無いよう、感謝をもってサービスを利用しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

フォローする