どうやってたたむの?アパレル店員に教わる【ロングカーディガンのたたみ方】

白、黄緑、赤のカーディガンがそれぞれキレイにたためられて積まれている

最近のカーディガンはボタンがないタイプが多いようです。
特にロングカーディガンはたたみずらく、ついイライラしてしまう方も多いのではないのでしょうか。

今回は、そんな悩みをスッキリと解消する、ロングカーディガンのたたみ方を紹介したいと思います。

もちろん一般的なカーディガンにも応用できるたたみ方で、アパレル店員さんに直接教わっているたたみ方になります。

ロングカーディガンは店員さんでも立ちながらたたむのは難しいそう。
無難に、置いてたたんだ方が良いと思います。

スポンサーリンク

ロングカーディガンのたたみ方

前身ごろを中央であわせ、そろえます。
シャツやカーディガンなど、前が開くタイプのお洋服は、基本的に背中側からではなく前側を表にしてたたむとたたみやすいです。

クシャッとなりがちですが…なるべくキレイに整えます。

整えられたグレーのカーディガンが床に置かれている

片袖の付け根から、内側に向かってたたみます。

グレーのカーディガン、左袖の付け根を内側に向かってたたまれている

続いて反対側の袖を。
付け根から中央に向かってたたみ、両袖をクロスさせます。

グレーのカーディガン、両袖が内側に向かってクロスしている

えりのラインに合わせ、中央に向かってたたみます。
まず片側から。

グレーのカーディガン、えりに合わせて左半分が中央に向かってたたまれている

反対側も同じようにたたみます。

グレーのカーディガンがえりのラインにあわせて内側に折りたたまれている

縦に長いので、三つ折にしてたたみます。

グレーのカーディガン、縦長の状態から三分の一だけたたまれている

グレーのカーディガンがコンパクトにたたまれている、その表側

コンパクトにたたまれました♪

グレーのカーディガンがコンパクトに折りたたまれている、その裏側

ボタンタイプのカーディガンなどをたたむ時には、

「カーディガンのボタン部分が見えるようにたたみたい…」
と、思うこともあると思います。

その時はボタンをとめ、背中側を表にしてから、一連の流れでたたむと良いでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大