スパッと収納!見やすくキレイなTシャツのおたたみ

ピンク色のかわいい車の模型が置かれている

Tシャツは枚数をお持ちになる方も多く、収納する時に見分けがつきにくいと感じることはありませんか?
今回は見栄え良く仕上がるTシャツのたたみ方を紹介してみようと思います。

アパレルショップの店員さんに直接教えて頂いたたたみ方で、店員さんは、この一連のたたみ方を床に置かずに立ちながら行うそうです。
慣れた人ならば素早く数秒のうちにたたんでしまうことも。

ポピュラーなたたみ方ですので、この機会に是非マスターしてみては?

スポンサーリンク

Tシャツのたたみ方

背中側を表にします。

白いTシャツの背中側。折り目を赤い点線のラインが描かれている

えりのラインに合わせ、身幅を内側に折ります。

襟のラインに合わせて折られた白いTシャツ。袖の折り返し部分に赤い点線のラインが描かれている

付け根のラインに合わせて袖を返します。

片側の身幅と袖部分がたたまれた白いTシャツ

反対側も同じようにたたみます。

身幅と両袖が折りたたまれた白いTシャツ

縦半分に折ります。

木の床にたたまれた白いTシャツが置かれている

さらに半分に折って…ひっくり返したら完成♪

コンパクトにたたまれた白いTシャツ

小箱などに入れてあげるとスッキリと収納することもできますよ。

グレー、ボーダー、白い柄のTシャツが折りたたまれて小箱に収納されている

店頭では縦長の状態で陳列することもあるそう。
たたみ方のポイントはあまり神経質にたたみすぎないことです。

縦長にたたまれた白いTシャツ

ご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告