雷対策をしよう。落雷の被害に備える方法や補償に関すること

シェアする

粘土でできた雷

雷の音がおっかねっす。

雷の音でテンションが上がるのか、うっひょー!!
ってなる人がたまにいますが、私はぜんぜん怖いです。

物陰に隠れておびえてます。
この音は、どこかで実際に落雷が起きているからこその音なんですよね。

スポンサーリンク

落雷

海上に走る稲光

美しくも恐ろしい、自然の驚異。

落雷の発生件数と時期

雷が頻繁に発生する時期は存在します。
全国的には6~8月の暑い頃が一番多く、12~2月の冬時期にも、日本海側の多くの地域で落雷が観測されています。

下図は日本全国2600km四方に発生した落雷数を月別にまとめたものです。

月間で 100 万もの落雷が発生する年もありますね。
そのうち、私たちがおもに暮らす陸域に落ちた雷の数をグラフにすると

上図の通り、陸上においても相当な数の落雷が発生していることがわかります。

落雷の種類

落雷による被害の種類は大きく2つに分けることが出来ます。
直撃雷によるものと誘導雷によるものです。

直撃雷

雷雲から放電された電流が、直接物体に流れるものを言います。
落雷時の電圧は200万~10億ボルト、電流は1千~20万、時に50万アンペアにも達します。

木や建物などに直撃することによって、建造物破壊や出火の原因にもなります。
人体に落ちると即死する確率が非常に高いのですが、人体に落ちることは極めて稀です。

誘導雷

物体の付近・周辺に落雷した際に発生した電圧が誘導電流を起こし、落雷地点の周囲にも被害を及ぼす落雷を誘導雷といいます。

直撃雷と同様に、家電などが破損する大きな原因となりますが、直撃雷と比べると電圧・電流はともに小さめです。

雷サージ

前述の直撃雷と誘導雷、そのどちらの落雷によっても雷サージというものが発生し得ます。

Wikipedia によると、

雷の影響により発生する過渡的な異常高電圧、すなわち「雷大波電圧」(雷サージ電圧)、その結果流れる過渡的な異常大電流「雷大波電流」(雷サージ電流)のことをまとめていう。

引用雷サージ『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』
最終更新 2013年12月4日 (水) 09:22 URL:http://ja.wikipedia.org

とあります。

落雷により発生した過電圧「雷サージ」は家庭の電源やアンテナ線などから侵入し、パソコンや通信機器、電化製品などを破損させてしまいます。

雷サージは直撃雷や誘導雷による落雷地点の周囲ばかりでなく、電線、大気などを通じて広範囲(数 km におよぶ)に被害を及ぼすという特徴があります。

一般的に、落雷による被害の多くは誘導雷、またはその雷サージによるものが大部分を占めるとされています。

この雷サージの影響と及ぼす被害を考えた時に雷が鳴っているのが遠くだからといって、安心はできないと言えます。

雷が鳴るのを確認したら、すぐに対策をしましょう。
また、あらかじめ雷への備えをしておくことも大切です。

避雷針の役割

住居や高層の建築物などへの落雷による被害を防止するため、古くから避雷針というものが存在しています。

地面と空中との電位差を緩和し落雷の頻度を下げ、また落雷の際には避雷針に雷を呼び込み地面へと電流を逃がすことで建物などへの被害を防ぐ。そのため、「雷を避ける針」という表記ではあるが、実際には必ずしも雷をはねのけるものではなく、字義とは逆に避雷針へ雷を呼び寄せる、いわば「導雷針」ともなる。

引用避雷針『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』
最終更新 2017年7月20日 (木) 22:20 URL:http://ja.wikipedia.org

”雷が落ちないようにする”という目的のために設置されていますが、それでも万が一の落雷が起きた際には、地面に電気を逃がすアースの役割を担っています。

つまり、避雷針は被害を最小限に食い止めるためのもの。

  • 避雷針がある限り絶対に雷は落ちない、安心だ
  • 避雷針のおかげで、落雷被害はまったく無くなる

などという認識を持っていたとしたらそれは間違いです。

避雷針に雷が落ちた場合にも雷サージは発生するので、PC や家電などに甚大な被害をもたらす可能性は大いにあります。

起こるべくして起こる万が一がもたらすこの自然災害に対して、
私たちはどのように対策をすればよいのでしょうか。

落雷(雷サージ)への対策

家と雷

ここでは住宅・建物内に居た場合の状況を想定して、おもに雷サージへの対策について記述させて頂きます。

電気の通信線路を遮断する

たとえ機器の電源を切っていたとしても、雷サージは流れてきてしまいます。
雷サージからの被害を防ぐためには「雷気の通り道」を全て遮断する必要があります。

具体的に言えば、
通信線(アンテナやケーブルテレビに繋がる線、LANケーブルなど)、電気製品に繋がるアダプタらを電源から抜く。

かかる手間を除けば、この方法が単純かつ一番効果的です。
抜くタイミングとしては「雷の音が聞こえたら」で良いでしょう。

避雷器・サージ防護機器を用意しておく

逐一ケーブル・アダプタを抜いていては大変です。

そこであらかじめ出来る対策として、サージ防護の機能が備わっている装置を用意しておきます。
家庭内であれば、電源タップを専用の物に換えるだけで簡単に対策を行うことができます。


ELECOM 電源タップ color style 雷ガード 省エネ 個別スイッチ 6個口 1m ブラウン T-BR04-2610BR


サンワサプライ 高性能雷ガード 2個口 TAP-SPTEL2N

          
日本アンテナ 電源ライン・同軸ライン 雷サージプロテクタ TGS2T(W)

落雷被害の補償

万が一の落雷により、家電やパソコンが壊れてしまった…といった事故が起きた時、家財を保険の対象にすることによって補償を受けることが出来る場合があるようです。

  • 雷が自宅の屋根に落ちて、瓦が吹き飛び、屋根に穴があいてしまった*1
  • 庭に落ちた雷から飛び火して、建物が燃えてしまった*1
  • 分配器に雷が落ち、自宅のテレビ2台、ビデオレコーダー1台、電話機1台が壊れてしまった*2

*1建物が保険の対象に含まれる場合にかぎります。
*2家財が保険の対象に含まれる場合にかぎります。

引用補償内容:落雷|損保ジャパン日本興亜

おわりに

雷による年間の被害額は推定1000億円から2000億円とも言われているようです。
日頃からしっかりとした備えが必要な事を、改めて思い直さずにはいられません。

ご覧頂き、ありがとうございました。

ランキング参加中。
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大