野菜の価格が高騰中…あえて作ってみた【ちぢみほうれん草のバター炒め】

白い小皿に乗ったほうれん草とベーコンの炒め物

えー
年明けの頃から野菜の価格が高騰しております。
大手スーパーなどに並ぶ野菜達を見て、驚いた方も少なくはないと思います。

これは、今時期の日本列島をおおうすさまじい寒気と、昨秋の天候不順が影響しているようです。
参考葉物中心に高値続く 雪の影響も 北海道 -毎日新聞

私はよく通わせてもらっている八百屋さんのおじさんからこの話を聞きましたが、「先行きはまだまだ見えないよ」と悲しいような顔をして話されていたのが印象的でした。
元気だしてほしい。

寒さに弱いほうれん草・小松菜・水菜などの葉物は、特に値段が高騰。
ほうれん草1袋 300 円とか、レタス1玉 400 円などはざら。

全国の葉物好きのウサギさんたちもお怒りでっせ。

スポンサーリンク

寒さに強いちぢみほうれん草


ちぢみほうれん草の旬は 12 月~2月。
寒さの中で育ったちぢみほうれん草は普通のほうれん草よりもうまみや甘みが強いのが特徴です。
厚みのある葉は、地面に張り付くように広がって育ちます。

ほうれんそうは、冬場に寒さにあたると凍結するのを避けるために、葉がしまって肉厚になり、うまみや甘みが増します。この性質を利用したほうれんそうの栽培方法は、一般的に「寒締め」といいます。
引用カラダにとちぎ

市場を覗いてみると、大体1袋 200 円ほどで売られていました。
旬な食材の値段として捉えてみても、今は普通のほうれん草よりも安いと思われます。

ジップロックに保存された大量のほうれん草

市場のバーチャンが、ちょっと品質の落ちたちぢみほうれん草を「7袋 100 円でいいから持ってけ。」
と言って大量にくれたので、ヒャッハーしてから使える部分を選別して塩茹で。

ジップロックで冷凍保存してみました。
ちぢみほうれん草を使ったレシピにも挑戦してみましたので紹介させていただきます。

ちぢみほうれん草のバター炒め
準備時間
10 mins
調理時間
10 mins
料理時間
20 mins
 

ポピュラーなバター炒めです。


分量: 2 人前
メイン材料
  • 2~3 ちぢみほうれん草
  • 2~3 ベーコン
調味料
  • 大さじ バター
  • 小さじ サラダ油
  • 小さじ 顆粒コンソメ
  • 少々 しょうゆ
  • 少々 こしょう
  • 適量 食塩
  • 適量
手順
  1. ちぢみほうれん草をよく洗います。

    なべで水を沸かし、食塩を入れてさっと茹でてからざるにあげます。

  2. ほうれん草は手でぎゅっと握って水気を切ってから、包丁で3~4cmに切ります。

    ベーコンは細切り or 食べやすい大きさにカット。

  3. フライパンを中火で熱し、サラダ油を入れてベーコンを炒めます。

    ちぢみほうれん草をくわえ、混ぜるように炒めます。

  4. しっかりと火を通したらバターを入れ、香りが立ってきたら顆粒コンソメ、しょうゆ、こしょうで味を整えて完成です。

レシピノート

えのきなどを加えても◎

おわりに

サイトの更新が滞ってしまい申し訳ないです…
直近のPV数の報告などにもチャレンジしてみようと思っておりますので、ぜひお楽しみに!┌(┌^o^)┐

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告